【一方通行か循環か】
20,21日と静岡本部でのICHA講座開催が無事終了しました。
遠方からはるばるご参加いただきました皆さまも近隣からご参加いただきました皆さまも、本当にありがとうございました。

どの講座をやっていてもいつも思うことは、「一方通行のエネルギーワーク(概念)」というものがいかに多くの人たちに伝わっているか、ということ。エネルギー(エネルギー、お金、愛情、物、労働など)を一方的にあげる、一方的にもらうという意識がそれです。一方的なので、もらうばかりになったり、あげるばかりになったりして、そこに不調和が生まれてきます。ヒーリングでいえば、高いエネルギーを入れてあげる(入れてもらう)、ネガティブなエネルギーをとってあげる(とってもらう)というような意識。これはよい悪いではなく、そういう方が一般の方に伝わりやすいこともあったり、またそういうふうに教えられ、そういうものだと理解しているから、そのようになってしまっているだけなのですが、、実際一方通行のエネルギー概念で生活していると、日々の生活が明らかに生きづらくなります。
例えば、こんな発言が多くなります。
 ・邪気受けをする
 ・人のネガティブなエネルギーを受けやすい体質だ
 ・人混みに行くとすぐに頭が痛くなったり、気分が悪くなったりする
 ・ヒーリング・施術をすると疲労したり体調を崩す
 ・ヒーリングする相手の痛みや症状が自分に入ってくる(同じ体感をする)
 ・へんなものが見える、聴こえるようになってきた
 ・ヒーリングを受けてもすぐにパワー(効き目)がなくなってしまう
 ・私ばかりが損をする
 ・△△してあげているのに△△してくれない
 ・なんだか人生うまくいかない

こういった状況を私には特別な能力があるから~と勘違いしてしまうと「大変だ、なんとかしたい」といいながらも、そのネガティブなものにフォーカスしてそれを自分に留めていくという癖を手放せなくなってしまいます。また、パワーをくれると思われる人や物への依存や執着が強くなっていきます。誰もが輝きやパワーをもともと持っているのにそれに気づかない、これはとても残念なことです。

何か特別な役目がある場合は別ですが、そうでない限りはそういったネガティブなエネルギーと意識的に繋いだり、それらをなんとかしようとする必要はないのです。(役目がない人が、そこに敢えて身をおいても、ただ自分や自分の周りの人たちが不安になったりパニックになるだけで何もいいことはないです^^;)
だからこそ、高いエネルギーと共鳴することに意識をフォーカスして、一方通行ではなくエネルギーを「循環」させる、そうすることであたたかいエネルギーに包まれ、楽しく健康に幸せに過ごせるようになります。
生きるのが楽になります。

ICHAのヒーリングは「循環」

感受性の強い方で邪気受けやネガティブなエネルギーに反応してしまって困ったり生きにくくなっているという皆さん、ぜひ一度ICHAの講座に参加してみて下さい。エネルギーの概念がかわる、ほんとうに小さいことなのですが、それを知ってそれを体感としてわかっているか否かの違いは大きいです。

さて、明日23日は大阪での初級講座開催となります。
http://icha-crystal.chicappa.jp/blog/?eid=177

今回ご都合つかなかった関西地区の皆さま、次回ICHA主催の講座(関西地区)は来年2月頃を予定していおりますのでそれまでどうぞお楽しみに。

※2月まで待てないという方につきましては、ICHA認定大阪スクール(謝恵先生)による講座は毎月開催しておりますので、そちらでの受講もご検討下さい。

では、今日も素適な一日をお過ごしください☆彡


<<【石を見ればわかってしまう・・・】 | 【大阪スクール謝恵先生が「癒しスタジアムin大阪」に出展!】 >>