【インドスピリチュアル旅行記1】
101222_2234~010001.jpg

正午近くに成田を出発し約10時間の空の旅でデリーに着いた後、そこからそのまま飛行機を乗り換えて更に2時間半の空の旅をしチェンナイへ向かう。
デリーの空港ロビーに着くとインドの独特の香りが広がります。空港は新しくなっているためキレイで、中にいる分には日本と大差ない感じ。
インドらしくどちらも飛行機の出発が遅れ、結局チェンナイに到着したのは日本時間で23日朝の5時頃。インドは日本と約4時間時差があるので、現地の真夜中1時頃。
チェンナイ空港ではシヴァの像がお出迎え。
南インドはとてもあたたかく、12月夜中でも長袖一枚で汗ばんでくるくらい。
そしてチェンナイからタクシーに乗り換え、更に2〜3時間走り(それも恐ろしい運転で、笑)、南インドでの第1の滞在地オーロヴィルにやっと到着したのは現地時間の朝4時近くでした。
簡単に荷をほどき、寝る準備ができたのは朝5時過ぎ。すでにオーロヴィルの朝のプジャ(お祈り)が始まって音楽と声が外から響いてきます。
23日の朝9時には、オーロヴィルの中心にあるマチュリマンディアにいって瞑想をしたかったので、マントラを子守唄にし慌てて寝ることに(笑)
今回のインドの旅はこうやって幕をあけました。


<<【インドスピリチュアル旅行記2】 | 【インドへ出発】 2010/12/22 >>