【つらい時はつらいと言う】
被災地域以外の方でも、今回のことで心を痛め、緊張状態が続いて、体調を崩したり、眠れなくなったり、涙が止まらなかったり、気持ちが塞いで落ち込んでしまっている方もたくさんいるか思います。

被災地の皆さんのことを思うと、そんな自分の状態も打ち明けられず、弱音も吐けなくなっている方も多いでしょう。また逆に些細なことで喜んだりしてはいけないと思って感情を押し殺し、まわりにも押し殺させて、家の中が暗くなってしまっているなんてお家もあるでしょう。

でもね。

つらい時はつらいと言っていいんですよ。

しんどい時は助けを求めてもいいんですよ。

子どもや家族の誕生日には喜んでもいいんですよ。


自分の気持ちに蓋をして過ごしてもいいことはありません。

つらい時はつらいと言おう。

嬉しい時は感謝して喜ぼう。

自分を大切にすることが、他人を大切にすることに繋がります。

こんなときだから、、ではなく。

そう、こんなときだからこそ。


<<【必要量を知る】 | 【3/21大阪スタジアムIN大阪 感謝祭への出展を中止】 >>