【カルマの法則 ~種蒔き~】
自分の思い、言葉、行動はすべて種となり、自分が蒔いています。

幸せの種を蒔けば、幸せの実を刈り取ることになるし、ネガティブな種や不調和の種を蒔けば、それに即した実を刈り取ることとなります。

蒔く種を選んでいるのは他の誰でもない自分です。

その種がいつ発芽し、いつ実が熟すかはわかりません。

明日すぐかもしれないし、一年後、数十年後かもしれないし、来世で刈り取ることになるかもしれないわけですが、とにかくどんな実であっても必ず刈り取らねばならない時がやってきます。

これがカルマの法則です。

過去に蒔いてしまった種は元には戻せないけれど、今この瞬間から蒔く種を選ぶことはできます。

あたたかい言動、そしてあたたかい思いをもち、しあわせの種をまいていけるとよいものです^^

<<【広島出張講座への参加者募集中】 | 【新潟スクールの6月講座情報】 >>