【人間と石】
サンストーンタンブル

人間は揺らぎやすい
揺らぎやすいが、柔軟性と優しさをもっている

石は揺らがず、一定の高いバイブレーションを放ち続ける
揺らがないが、融通もきかない

お互いの良さを引き出しながら、響き合い循環しあう

それがICHAのクリスタルヒーリング^^

************************
【サンストーン】
成分:(Na,Ca)Al(Al,Si)Si₂O₈ 硬度:6~6.5 和名:日長石

ムーンストーン(月長石)と同じフェルドスパー(長石)の仲間。月の対照である太陽の石「サンストーン」と名づけられ、古代から太陽神の象徴として、自然治癒力を高める石として大切にされてきた石。
特にインドのサンストーンのゴールドオレンジカラーはとても美しく、インクルージョンの反射によりキラキラ輝く姿は見ているだけで幸せな気分、ポジティブな気分にしてくれます。気持ちの沈みがちな人は身につけたり身近なところに置くのもよいですね。私的には“美味しそう”そんな表現をしたくなる石のひとつです^^

宝石としては乳白色の部分がない方が価値があるとされてますが、ヒーリングにおいては、ゴールドオレンジが強いもの、乳白色が強いものの優劣はなく、どちらもそれぞれのエネルギーの特徴を活かしていただければ素晴らしいサポーターとなってくれます。
ソーラープレクサスチャクラ(第3チャクラ)やセイクラルチャクラ(第2チャクラ)周辺でよく活躍してくれますが、必要あらばさまざまな場所に呼ばれていきます。
そのあたたかなエネルギーは感じてもらうのが一番!ひとつは持っておくとよい石でしょう♪

<<【ブラックトルマリンのお話(1)】 | 【横浜スクールからのお知らせ】 >>